保育所が不足している問題について
保育所が不足している

保育所の不足が問題になっています。特に大都市圏において保育所不足による待機児童の問題が深刻化しているのです。

まず、保育所には認可保育所と認可外保育所の2種類があります。このうち、認可保育所というのは国が定めている基準を満たしているものです。その基準が厳しいため、民間企業が認可保育所を建てようと思っても困難になってしまいます。採算がとれなくなるからです。また、仮に民間企業が参入したとしても、利益を上げるために人件費を削減してしまうケースが多いです。これでは保育士の質が低くなってしまい、サービスの満足度も低下します。そのような保育所を避ける人が増えてしまうのです。

基本的に保育所不足というのは、認可保育所が不足しているという意味となります。認可外保育所はたくさんあるのですが、そちらはサービスの質が低いために避ける方が多いのです。

認可保育所の数が減っており、認可保育所に入りたいけれども入れない人が増えているのが待機児童問題なのです。そのため、仕方なく認可外保育所に子供を預けているケースもあります。

これからはどうやって認可保育所の数を増やしていくのかが問題となるのです。また、保育士が不足しているために保育所を増やせないという問題もあります。