保育所が不足している問題について
保育所が増えない理由

保育所のニーズが高まっているならば、保育所を増やせば良いのですが、なかなか増えないのには理由があります。まず、国がお金を出して保育所を増やすという方法が考えられるのですが、このような政策は受け入れられにくいのです。日本は少子高齢化が進んでおり、有権者の大部分は高齢者です。高齢者はすでに子育てを終えており、保育所の問題を他人事のように考えています。高齢者に受け入れられにくい政策のため、政府の方でもなかなか保育所にお金を使おうとは考えにくいのです。

また、都心部においては土地が足りないという問題があります。認可保育所を新しくつくるためにはそのためのスペースが必要となります。しかし、それだけの土地を探すのが困難になっており、仮に候補地を見つけることができたとしても、近隣住民の理解を得られないケースがあるのです。保育所を設置すれば子供の声がうるさかったり、子供の送迎のために車が混み合うようなケースも考えられます。そのため、保育所を新しくつくることに障害があるのです。

また、保育士の待遇が悪くなっているために、これから保育士として働こうという方が減っています。そのため、新しく保育所をつくったとしても、働き手を確保することが困難になるという問題もあるのです。